TOPページ > 産地銘柄(ブランド)牛肉実態調査の結果分析
産地銘柄(ブランド)牛肉実態調査の結果分析

(財)日本食肉消費総合センターは平成20年度に独立行政法人農畜産業振興機構補助事業「国産牛肉の地域ブランド化等推進事業」で、都道府県畜産主務課と畜産会の協力を得て、産地ブランド牛肉227事例の悉皆調査を実施しました。

その結果は報告書「産地銘柄牛肉実態調査報告」として取りまとめ、関係者に配布しましたが、早川治委員(日本大学准教授)が分析した報告は、わが国の産地銘柄(ブランド)牛肉の実態を俯瞰する上で貴重な資料となっております。

ここに、その全文を紹介しますので、ご覧ください。

農林水産省
独立行政法人 農畜産業振興機構
畜産のことならファミリン
財団法人日本食肉消費総合センター