おいしい、安全、安心 国産牛肉辞典

  • 知ってる?国産牛肉の力
    • 牛肉食べて健康ライフ
    • 知っておきたい国産牛肉の種類
  • まるごとおいしく牛肉を食べよう!
  • なるほど安心!国産牛肉
  • ごちそう牛肉をお家でも!国産牛肉レシピ紹介
  • お肉のバランス栄養学
  • 日本全国銘柄牛肉あれこれ

知ってる?国産牛肉の力

  • 知っておきたい国産牛肉の種類

ひと言で国産牛肉といっても、種類はいろいろ。味にもそれぞれ個性があり、その特徴を生かせる料理にも違いがあります。

和牛

肉専用種で、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種とその4品種間の交雑種を指します。9割以上を黒毛和種が占め、その最大の特徴は「サシ」と呼ばれる霜降りの筋間脂肪。飼育に時間がかかるため高価ですが、根強い人気があります。ステーキやすき焼きなどで、肉そのもののおいしさを堪能しましょう。

乳用種

牛乳を生産するためのホルスタイン種の雄を去勢したものが中心。肉質は赤身が多く、健康志向の消費者に人気があります。日本国内で生まれ育ち、概ね24月齢以内の牛は「国産若牛」と呼ばれます。脂身が少なく、淡泊な味わいが特徴で、シチューやカレーなど煮込み料理に向きます。

交雑種

乳用種に和牛などの肉専用種を交配して生まれた牛。乳用種よりも霜降り肉になりやすく、和牛より短期間で出荷できるため、生産コストと味の、両面のバランスがとれた牛肉として人気があります。和種と乳用種のよい遺伝形質を兼ね備えているので、どんな料理にも向きます。炒め物や焼き肉がおすすめです。

ページの先頭に戻る