TOPページ > 安心への取り組み・トレーサビリティ

安心への取り組み・トレーサビリティ

国産牛肉は「牛トレーサビリティ法」に基づき、生産から食肉処理されるまでの情報が、
データベースに記録・公表されています。これにより国産牛肉の安全性へ取り組みがなされ、消費者の皆様に安心な食卓を約束することにつながっていきます。

→生産から販売までの流れ

牛肉に表示された番号から生産流通履歴がわかります!

牛肉のトレーサビリティとは、牛の品種や、いつ・どこで生まれ、育てられ、食肉処理されたかなどの情報を見ることができる制度です。
国内で生まれたすべての牛と、生体で輸入され国内で育ったすべての牛に、10桁の個体識別番号の書かれた耳標の装着が義務づけられています。この個体識別番号により牛の性別や黒毛和種などの種別に加え、牛が生まれてから消費者に供給されるまでの間の生産流通履歴情報の把握が可能です。個体識別番号は牛肉のラベル等に表示され、その番号をもとにインターネットを通じて調べることにより、さまざまな情報を確認することができます。

トレーサビリティ・イメージ
農水省ホームページより