銘柄牛肉検索システム 新規ブランド 登録入力

編集ステータス 新規ブランド申請

申請者情報

メールアドレス
追加の可否や差し戻しはこちらのメールアドレスに通知致します。
パスワード
半角英数8~12文字で入力してください。
登録したブランド情報を更新するためには登録したメールアドレスとパスワードが必要となります。パスワードは忘れないように保存して下さい。

調査者

都道府県名
調査者所属
調査者氏名
TEL
FAX
調査年月日

基本情報

公開の可否 するしない
ブランド名
肥育地域
特徴(PR事項)

ブランド推進主体

名称
代表者名
所在地


TEL
FAX
URL
メールアドレス
ブランド設立年月日
推進主体の区分 推進協議会、JA、事業協同組合など複数の生産者を包含する組織
肥育を行う個人または法人
流通・卸関係会社、販売店等流通販売法人

ブランドの定義

ブランドの定義の有無
ブランドの定義を消費者等に説明できる規約またはそれに準ずる明文化した資料の有無
ブランドの定義(定義を記述)

商標

名称の商標登録の有無
登録年月
商用デザインの商標登録の有無
登録年月
商標等の画像 jpgデータのみ指定可能

ブランドの規格

種別(複数回答可) 1.黒毛和種 2.褐毛和種 3.日本短角種 4.無角和種

5.黒毛×褐毛 6.和牛間交雑種 7.肉専用種 8.ホルスタイン種

9.ジャージー種 10.乳用種 11.交雑種
品種または交配様式
品質規格
名称付与部位
飼料給与基準
出荷月齢(検索用) ヶ月 ※半角数字
出荷月齢(公開用) ※数値の場合「ヶ月齢以上」まで記入
出荷体重 ※kgまで記入
独自の飼養基準、衛生管理方法

流通・販売

と畜場名
主な取引市場
実需者への出荷形態 部分肉枝肉
年間出荷頭数
主な出荷先

ブランド化の目的と経緯(※公開しないデータ)

ブランド化の目的と経緯

ブランド牛生産を行う肥育農家数と年間出荷頭数規模(※公開しないデータ)

肥育農家数
ブランド出荷割合 出荷頭数 ブランド牛出荷頭数出荷頭数
素牛の調達先
飼養管理の特徴

ブランド化の目的と達成度合い(※公開しないデータ)

出荷量 当初目標以上 目標通り 目標以下 目標値がない
肉質の改善 当初目標以上 目標通り 目標以下 目標値がない
プライスメリット 当初目標以上 目標通り 目標以下 目標値がない
非ブランド牛肉との価格差がない
産直取引の有無
有の場合の取引量(t) t
ネット販売や通信販売の有無 ネット販売有
ネット販売無
通信販売有
通信販売無
ネット販売有の場合URLを記述
なしの場合、今後開始する予定 一年以内に開始 数年後に開始 予定はない
流通・卸業者のブランド認知 期待以上に認知 期待通りの認知 期待以下 不明
流通・卸業者のブランド評価 期待以上に評価 期待通りの評価 期待以下 不明
販売店のブランド認知 期待以上に認知 期待通りの認知 期待以下 不明
販売店からの評価 期待以上に認知 期待通りの認知 期待以下 不明
消費者のブランド認知 期待以上に認知 期待通りの認知 期待以下 不明
消費者からの評価 期待以上に認知 期待通りの認知 期待以下 不明
以上を総合してブランド化の目的の達成度合いは? 目的を大きく上回る 目的を上回る 目的通り 目的と比べやや落ちる
目的と比べかなり落ちる

ブランドの説明責任について(※公開しないデータ)

食品の偽装が社会問題となっており、ブランド生産では消費者等への説明責任が必要となっておりますが、貴ブランドはどのようの対策をお持ちでしょうか。 自らのブランドが識別できる名称、商標
商標登録された名称や商標
ブランドの定義
外部者から資料要求があった場合に使えるブランド規約またはそれに準ずる明文化した資料
商品パック等への貴ブランド問合せ先の明示料
ブランド名を付与する牛肉への生産チェック体制
有る時の方法と内容
ブランド名を付与する牛肉への流通販売チェック体制
有る時の方法と内容
ブランドの危機管理マニュアルの有無
有る時の内容
牛トレサ制度以外に独自の認証システムをお持ちの場合は、その概要をお教え下さい。
その他(その他対策がある場合は記述して下さい。)

課題(※公開しないデータ)

貴ブランドがここ数年の間に取り組もうとしている課題をお教え下さい。(3つ以内) ブランド推進組織の強化
ブランド説明責任への対処
ブランド牛肉生産販売量の確保、品質の向上
新たなブランド商品の開拓
流通・卸の新規開拓
販売店の新規開拓
レストラン等外食産業や中食産業への新規開拓
個人消費者向け通信販売、インターネット販売
貴ブランドの応援団となってくれるハードユーザーづくり
牛肉の海外輸出
その他

目標(※公開しないデータ)

5年後の目標
ページTOP